ブログの記事は考え抜いて書かないでもいい

ブログを書くときにはしっかりと下調べして、情報を精査して、一字一句までこだわってきちんと書くなんて鼻息を荒くしてないだろうか?

それが本当に好きなことならきっといくらやっても疲れを感じることなんてなくて、やればやるほど楽しさを感じる才能があるんだろう。

でもそんなマニュアルじみたやり方で文章を書くのが楽しいなんて感じられない。

 

形式的なことばかりにこだわって、あれをしなければならない、これをしなければならないという思考で書かれたブログなんて何の個性もなくなってしまい面白みも何もない。

本当に下調べなんているのか?情報を精査するほどのことなのか?一字一句まで神経を尖らせなければならないのか?

きっと自分で考えずに誰かに言われるがまま何となくやっていたに違いない。

 

あまりにも考えずに書いてしまえば、めちゃくちゃな文章になってしまうんじゃないかとか、感想文や日記のようなレベルのものしか書けないのではないかと不安になるからこそマニュアルに縛られてしまう。

ブログなんてものは自分の思ったことを好きに書けばいい。

誰かに雇われて文章を書く仕事をしているわけでもないのに、なぜか好きなようにブログをやらずに社畜のような発想で文章を書いてしまう。

 

自由になるためにブログを始めたのだとしたらこんなバカな話はない。

誰かの言うなりになるのがイヤだから、自分で考えたようにやりたいから、自分の努力は全て自分に返ってくるようにしたいからブログというものに興味を持ったはずだ。

それならば、誰かの言うなりにならず、自分で考えて、自分の努力をすればいい。

 

誰かにすがって言うことを聞いてしまうのは自分に自信がないからだ。

自分で書いたものが単なる日記だと思われてしまったり、めちゃくちゃな文章で読むに値しないと思われるのが怖いんだ。

だからブログに詳しそうな誰かの言うことをそのまま受け入れて、習った通りにやることを目的にしてしまう。

 

人の言うことを聞いてやっていれば、うまくいかない時はその人のせいにできる。

そうやって心のどこかで逃げ道を作っているから少し気分が楽になるんだ。

盲目的にこれをやってれば自分は救われると信じ込んで、思った通りの結果が出なければ騙されたと騒いで自分は被害者のように振る舞えばいいんだからね。

 

何も分からないからと言って人に頼って、何かあればその人に責任を押し付ければいいなんて考えてブログをやっていれば好きになって続けることも難しい。

自分自身で失敗を繰り返して、経験を増やしてそこから一つずつ学んでいけば自信は付いてくる。

まずは何も考えずに思うままに文章を書いてみればいい。

 

タイトルとURLをコピーしました